福岡県福津市・新宮町のケーブリーズフクオカ

最新の記事

ブログカテゴリー

ブログカテゴリー

ブログカテゴリー

アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

みんなの広場

スタッフブログ

2012年05月22日

エンジョイゴルフ ♪  №10 さらなるショットの切れ味を目指して…

ここ数年ですが、テレビ中継を視聴していて気になるのが韓国のプロ選手(男子・女子共にです。)のショットの素晴しさにビックリする事です。

ドライバーでのティーショットではマン振りせず確実にフェアウェイに置き、アイアンを握れば正確にグリーンオン! しかもピンに絡む確立の高いこと!

まったく無駄というか隙のないゴルフで一喜一憂することなく淡々とプレーして行きます。

そして必ず上位のポジションにランクイン!

何故なんだ… 何が日本人選手と違うんだ…? ???

悩んで考えた末に出た自分なりの結論は?

☆ スウィングスタイル ⇒ 大地にガッシリ踏ん張るベタ足打法(韓国人選手)

                                            ⇒ 左足でスッと立つ美しいスウィング(日本人選手)

☆ プレースタイル    ⇒ 無理せず守りともいえる試合運び(韓国人選手)

                                            ⇒ 攻めとテクニックを駆使するゴルフ(日本人選手)

☆ メンタル          ⇒ 表情変わらず淡々としたプレー(韓国人選手)

                                            ⇒ ガッツポーズ、どや顔、沈んだ表情…(日本人選手)

まるで正反対、逆のことをすれば韓国人選手のようなゴルフができそうじゃありませんか?

全て同じまねをしろと言われても無理がありますが、思いきってスウィングはまねしてみようと思い、韓国人選手のTV録画のコマ送り映像の研究やゴルフ雑誌の解説を理解する一方、練習場においてはアプローチ・アイアンショット・ティーショットのすべて【ベタ足スウィング】で通して頑張りました!

何が変わったか? メリットとしては、アイアンショットは高さが出て、前後・左右の飛距離のバラつきが減少、ウッドは逆に高くなく中弾道になりました。

デメリットとしては、すべてのクラブの飛距離が落ちてしまった(…と言うより短くなったと言うのが正解かも?)

さぁ! それでは泣いても笑っても実戦でどう結果がでるのか楽しみだァ~ということで、明日のコンペでラウンドする某名門コースの情報と併せて報告しちゃいますよ~♪

☆教訓 / 何でもチャレンジしてしまう自分が怖い… でも男ッスから!!


Copyright (C) K-Breeze Fukuoka. All Rights Reserved.